報酬は最初に決めとく!安くみられないようにするのが肝心

逆援助をしてくれるようなパートナーが見つかった時に、1番気になる事と言えば報酬についてではないでしょうか。
例えばサイト内で条件を女性側から提示していて、その条件を飲むような形で契約するのであれば問題ないのですが、自然な成り行きで逆援が成立するような雰囲気のばあいは、報酬金額を決めておかなければ後々泥沼のようなトラブルになりかねません。
出来るだけ安く見られない為にはどうするのが良いのでしょうか。

逆援の報酬金額の決め方は2通りある

最初に少々安めの金額であっても、取り決めておき、それを定期的にリピートしてもらう事で稼ぐ方法と、報酬金額は最初から決めずに最低でもいくら、と言うスタイルにしておいて、セックスの内容に応じてプラスされていくと言うパターンがあります。
どちらにしても報酬を貰う事が出来る事には変わりないのですが、出来る事なら1回のセックスに対する報酬金額が高い方が良いと思うのは逆援をする男性には共通している事でしょう。
どちらの報酬金額の決め方が良いかは、パートナーと良く相談をして決める事が望ましいと思いますが、もしも自分の希望を言う事が出来るような関係性であれば、1度のセックスに対しての希望金額を言ってみるのも良いでしょう。

最初から報酬金額を決めておくと何故良いのか

セックスには相性と言うものが存在します。
その相性を確かめた上で報酬金額を決める事もあれば、男性の容姿や年齢、経験などによって最初から決める事もあると思うのです。
出来るだけ最初のセックスから高額報酬を貰えるようにするためには、安すぎる報酬設定をせずに、自分の中では中の上くらいの金額を設定しておくと良いのではないかと思うのです。
それに対して、セックスの内容が気に入ってもらえれば、回数を重ねるたびに報酬金額がアップしたりする事も考えられますので、無理な金額は提示せず、希望せず、無難な金額からスタートする事が足元を見られない為のコツだと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ