会うのは昼でも夜でも好きな時間に!家では会うな!

逆援助をする上で、いつどこで会うのかと言うのはとても重要な事だと思います。
最初はホテルで会うと言う事が多いかもしれませんが、回数を重ねるうちに自宅へ招待されたり、別荘へ来ないか?と誘われる事もあるのではないかと思うのです。
実際に逆援助の為にいつどこで会うようにする事がベターなのでしょうか。

会う時間帯はお互いの都合に合わせてOK

逆援の場合、お互いの都合の良い時間帯に会うと言うのがベターです。
どちらかが無理をして時間を作るような会い方ではいずれこの関係性は破たんしてしまう事でしょう。
いつでも無理をお互いにしない、お互いの都合の良い時に、昼間であっても、夜であっても会ってセックスを楽しむ、と言うのがベストなのです。

会う場所は2人っきりになれる場所ならどこでも良いわけではない

逆援の時には、2人っきりで会える場所なら自宅でも良い、と考える女性も多いそうですが、いくらどんなに別居中でも、配偶者が外で仕事中であっても、近所の目線と言うものがあるものです。
その為、2人っきりで会うのですから、自宅は絶対に避けるようにして、余裕があるなら、別にマンション等を借りるなどする方がベターだと思うのです。
ホテルは毎回ホテル代金がかかりますし、何時間もセックスを楽しみたい場合には、延長料金も結構な金額がかかります。
それを考えると、どんなにセレブな女性であっても、セックスが終わったら、ゆっくりと余韻を満喫し、眠りにつけるような環境を整備する事が望ましいと思うのです。

男性の自宅も出来れば避ける方が良い

逆援の男性側の自宅に招く場合も想定出来ますが、出来れば、男性の部屋へ出入りすると言うのも避ける方が良いと思います。
男性の部屋には、いつ、誰が、突然やってくるかわかりませんし、もちろん近所の目と言うのもある事でしょう。
出来るだけお互いの自宅を避ける事が逆援の関係を長続きさせるコツであり、上手くやっていく秘訣であると言っても良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ